清涼飲料水のおいしさ、楽しさに関する情報と当連合会の取り組みをご紹介します
ホームEnglish会員ログイン
image
知る・学ぶ

清涼飲料水Q&A【保存】

 

「賞味期限」と「消費期限」は、どのように違いますか?

「賞味期限」とは、未開封の状態で、かつ容器に表示されている方法で保存したとき、おいしくお飲みいただける期限を示しています。賞味期限を過ぎたからといって、商品の安全性に問題を生じたり、すぐに飲めなくなるわけではありません。しかし、期限を過ぎると風味が落ちることがありますので、期限内にお召し上がりいただくことをお勧めしております。
一方「消費期限」は、未開封の状態で、かつ容器に表示されている方法で保存したとき、安全に食べることができる期限のことです。このため、食品衛生上の点からも「消費期限」を過ぎた食品は食べないようにしてください。一般的に、品質の劣化がはやい食品には「消費期限」、品質の劣化しにくい食品には「賞味期限」が表示されています。

その他の「清涼飲料水Q&A」を見る


ホーム知る・学ぶ清涼飲料水Q&A保存 > Q&A