清涼飲料水のおいしさ、楽しさに関する情報と当連合会の取り組みをご紹介します
ホームEnglish会員ログイン
image
知る・学ぶ
清涼飲料をおいしく楽しんでいただくための役立つ情報をお届けしています。

はじめに

 みなさまの生活に必要不可欠なものとしてご利用いただいている清涼飲料水。

 炭酸飲料や果実飲料、お茶やコーヒー、ミネラルウォーターなど、さまざまな種類のものを、さまざまな容器で提供しており、その消費量は 500mlペットボトルを1人一日1本、飲んでいただいている計算になります。

 身近なものとしてご愛飲いただいているからこそ、「そのような飲み方をして大丈夫?」と心配してしまう場面に、遭遇することがあります。それは開栓後の取り扱いです。

 開栓したら空気に触れて品質が劣化します。容器に口をつけて飲んだ場合は早めに飲みきってください。コップに移して飲んだ場合でも、残りは冷蔵庫で保管し早めにお飲みください。

2020年3月
一般社団法人 全国清涼飲料連合会

未開栓品は菌が入らないので、品質が維持されています

清涼飲料水には防腐剤が入っていません。

確かな品質管理で生産

 清涼飲料水は種類や容器、製造ラインごとに食品衛生法で定められた基準にそって生産しています。さらにHACCPなどを導入し、厳しい品質管理を行い不良製品の出荷を未然に防いでいます。

確かな品質管理により安全で安心な商品をお届けしています。

賞味期限

 清涼飲料水の「賞味期限」は未開栓の状態で、かつ容器に表示されている方法で保存したとき、おいしくお飲みいただける期限のことです。

*Hazard Analysis Critical Control Point(米国で宇宙食の安全性を確保するために開発された国際的な 食品衛生管理システム)

開栓後は早めにお飲みください

開栓後は品質が劣化します

 生活空間には目に見えないほど小さな菌が生息しています。これら菌が好む絶好な環境が整った時に、菌が大増殖!品質劣化の原因となります。

空気中の菌が入ります

菌はイメージです

 空気中には1m3中に10~1000個*1の菌がいると言われています。開栓したら、これら菌が空気とともにペットボトルの中に入ってしまう可能性があります。

容器に口をつけて飲むこと
(口飲み)により、菌が入ります

菌はイメージです

 人の口の中には100種類以上の菌がすんでおり、その数は唾液1mlあたり1~10億個*2

 容器に直接、口をつけて飲む場合、これら菌が清涼飲料水の中に入ってしまいます。

 検証の結果、ペットボトル1本(半量)を飲むと、1万個の菌が入る(口内環境、歯磨きや食事などにも影響)と思われます。

ワンポイント!

 菌といってもカビ・酵母などの真菌や細菌など、実にさまざまな種類があります。

 ヨーグルトや味噌など発酵食品に活用される有用なものと、品質を劣化させる有害なものがありますが、地球上での誕生の歴史は、人間より菌が先です。菌の生息圏に人間が住みついたようなものであり、私たちは菌がいない生活はできないのです。

*1:神奈川県衛生研究所 調査研究(Mycopathologia 139:23-33,1997)

*2:日本防菌防黴学会【編】「菌・カビを知る・防ぐ60の知恵」

あれ、変って思ったら、菌が増殖してしまったのかもしれません

①いつもと違うおかしな味や
臭いがする

 菌が清涼飲料水に含まれる糖などの栄養分を食べ、酸などを排出するために、酸っぱい味やにおいがすることがあります。

正常品と劣化品

②浮遊物がある

 菌の中でもカビの場合は、目に見えないほど小さな胞子から菌糸を伸ばし、少しずつ成長して、かたまり状になることがあります。色や形状など、カビの種類により異なります。

浮遊物

③濁ったり、分離している

 菌の増殖で濁ったり、成分が分離することがあります。

分離

④容器が膨らんでいる

 菌が清涼飲料水に含まれる糖などの栄養分を食べ、酸に加えてガスを発生させることがあります。このガスの発生が続くと容器がパンパンに膨らんでしまいます。

イメージです

中身が劣化している可能性がありますのでご注意ください。

品質劣化の菌 24時間 生育のパターン

 口飲みしたコーヒー飲料の菌の増殖を24時間、調べました。その結果、24時間後にはシャーレの全面に広がり、品質劣化が進んでいます。

コーヒー飲料

コーヒー飲料

清涼飲料水に発生するカビ

清涼飲料水に発生するカビ

開栓後は早めにお飲みください。

・口飲みした場合は早めに飲みきってください。

・コップに移して飲んだ場合でも、残りは冷蔵庫で保管し早めにお飲みください。

冷蔵庫は魔法の箱ではありません。

・冷蔵庫に入れた場合でも早めにお飲みください。

清涼飲料の取り扱いについてはこちらから

取り扱いの注意点を知りたい
ホーム知る・学ぶ清涼飲料水 開栓後はお早めに > 品質や賞味期限について知りたい