清涼飲料水のおいしさ、楽しさに関する情報と当連合会の取り組みをご紹介します
ホームEnglish会員ログイン
image
知る・学ぶ


ホーム知る・学ぶ清涼飲料水 開栓後はお早めに > 清涼飲料水ハンドブック

●清涼飲料水ハンドブック 開栓後はお早めに●
清涼飲料水ハンドブック 開栓後はお早めに
PDFデータ

清涼飲料水ハンドブック 開栓後はお早めに(PDF /2.4MB)


    <目次>

  • ・未開栓品は菌が入らないので
     品質が維持されています
  • ・開栓後は早めにお飲みください
  • ・口の中からの逆流や異物混入に
     ご注意ください
  • ・持ち運びにご注意ください
  • ・開栓前の保存にご注意ください
  • ・容器の2次利用はおやめください




 清涼飲料水は種類や容器、製造ラインごとに食品衛生法で定められた基準にそって生産しています。さらにHACCPなどを導入し、厳しい品質管理を行い不良製品の出荷を未然に防いでいます。


・ 開栓後は品質が劣化します
・ 空気中の菌が入ります
・ 容器に口をつけて飲むこと(口飲み)により、菌が入ります


 開栓後、2割で菌が発生
 口をつけて飲んだらその2.5倍


① いつもと違うおかしな味や臭いがする
② 浮遊物がある
③ 濁ったり、分離している
④ 容器が膨らんでいる

● 開栓後は早めにお飲みください。
● 冷蔵庫は魔法の箱ではありません。


① 口の中のものが逆流
② 異物混入


① 容器の亀裂
② 液漏れ


・ 直射日光、高温は避けてください
・ 暑くなる車内は特に危険です
・ 冷凍やレンジ加熱は避けてください(専用商品は除く)
・ 匂いの強いものと一緒に保存しないでください


・ 容器として再利用すると、菌が発生し不衛生です。
・ ペットボトルに熱いものを入れると変形して危険です。
・ 薬品や洗剤などを入れると、誤飲の危険性があります。


 

ホーム知る・学ぶ清涼飲料水 開栓後はお早めに > 清涼飲料水ハンドブック