清涼飲料水のおいしさ、楽しさに関する情報と当連合会の取り組みをご紹介します
ホームEnglish会員ログイン

産業廃棄物最終処分量の推移|循環型社会|環境活動|のみもの情報館

循環型社会/産業廃棄物最終処分量の推移

環境自主行動計画 循環型社会形成編
2015年度目標:「産業廃棄物 最終処分量3,000t以下、
再資源化率99%以上を維持」

 清涼飲料業界は、循環型社会形成に向けて、主体的取り組みを推進していくため、日本経済団体連合会の「環境自主行動計画 循環型社会形成編」に参加、『最終処分量3,000t以下(2000年度比74%削減)』および『再資源化率99%の維持』を目標に掲げて、廃棄物削減に取り組んでいます。


 2015年度、清涼飲料業界の「産業廃棄物処分量」は3,159t、「再資源化率」は99.29%となりました。今後も継続して廃棄物の発生抑制やリサイクルを推進し、循環型社会形成を目指します。

※清涼飲料業界の循環型社会形成への具体的取り組みは こちらから


◆清涼飲料業界の産業廃棄物最終処分量と再資源化率の推移清涼飲料業界の産業廃棄物最終処分量と再資源化率の推移

ホーム環境 > 循環型社会/産業廃棄物最終処分量の推移